同じ賃貸物件でも仲介する不動産屋によって条件が変わる!?

大家の希望を無視した不動産屋を警戒しよう

大きな駅前には必ずと言って良いほど並んでいる不動産屋には、契約時に特定の条件を付けた契約をさせる業者がいます。本来は任意で加入するはずの保証会社を強制的に付けたり、室内の抗菌施工費まで請求するなど、提携業者からのキックバックを狙った付加サービスを押し付けている状況です。大家には黙って行われているケースがあるので、更新時に部屋を出られてしまう原因となっています。大家と話す機会を設けてくれる不動産屋ならば、その場で電話を繋いでくれるので安心です。大家と直接連絡が取れない不動産屋で契約する時には、大家と一度話したいと希望を出してみると良いでしょう。賃貸物件選びで失敗したくない人は、大家と話が出来ない時点で入居申し込みを止める人もいるくらいです。

客付け不動産屋を利用して交渉する

客付け不動産屋と分かった上で、交渉のために利用する方法があります。賃貸物件の入居時には、鍵交換費用、保証会社の利用、抗菌施工費は本来不要なものです。どうしても入居者が希望する場合のみ提供するのが本来の形ですが、1組の入居者から多くのお金を搾り取るために、提携業者と組んでサービス追加をしている業者が残念ながらいます。客付け不動産屋を間に挟むことで、元付不動産屋が不要なサービスを付加するケースであっても、交渉により条件無しに変更してくれるわけです。客付け不動産屋の中でも、交渉力に自信がある業者は、自社物件を持たない賃貸エージェントとして活躍しています。賃貸エージェントならば、入居者のために最大限厳しい交渉も行ってもらえるので安心です。

札幌の賃貸マンションをお探しの方は、下見の際、必ず室内の暖房設備や建物構造を確認しておきましょう。これらの種類によって部屋の温度がかなり違ってきます。また、除雪の体制を確認しておくことも重要です。