賃貸の初期費用は見方によって変わるってホント!?

敷金は多いほうが良いのか

賃貸物件を借りる時の初期費用として、敷金を納めることは重要です。退去時に返還されないというトラブルから、退去時の清掃費用を一律に決めて敷金を受け取らない大家も少なくありません。入居時の審査を厳しくすることで乗り切っている大家にとっては、敷金返還トラブルは手間が掛かるので避けたいと考えているからでしょう。しかし、敷金を2ヶ月以上納めておくことは、入居者にとって悪いことではありません。なぜなら、突然失業した時に敷金を納めておけば、大家に連絡すると家賃が多少遅れ気味となっても多めに見てもらえることがあるからです。面倒見が良い大家の場合には、仕事先を紹介してくれるケースまであるので、全てのやり取りを管理会社が担う物件でなければ敷金を納めておくメリットがあります。

礼金有りは安全の印という考え方

礼金が入居条件に入っている賃貸物件は、部屋探しの際に無駄な費用として敬遠されがちです。しかし、気に入った部屋に長く住みたい場合には、礼金が例え半月分でもあった方が安心して住めることを知っているでしょうか。不動産に詳しい人は、礼金ゼロとして入居者を募集している部屋には、大家が金融機関とローンを組んで建築された建物であって、まだローンが残っている場合には礼金を受け取れない決まりがあることを知っています。大家が賃貸経営に失敗して競売に掛けられると、新しいオーナーから半年以内に出て行くように言われてしまう、オーナー変更が現実的になる可能性を含んでいます。多少のリスクがあることを承知で住む場合や、2年単位で転居をするつもりであれば気にならないでしょう。

菊水の賃貸の正しい契約方法を理解するにあたり、様々な特色のある物件の見学会に参加をすることで、望み通りの物件を選ぶことができます。