ペット可賃貸物件はチェック項目が多いってホント!?

大家にとってもペット可は諸刃の剣

ペット可としている部屋の数は、地域ごとの違いはあるものの全体の5%程度と少ない傾向にあります。未就学児と同様にペットも部屋の摩耗を激しくする原因と成り得るので、特に爪とぎと近隣住民とのトラブルが多い猫の飼育を禁止している物件は多いです。しかし、ペット可物件の数が少ないので、長期間入居してもらえる傾向が強いというメリットが大家にはあるので、空室率の高さに悩む大家にとっては諸刃の剣となっています。

ペット共生型住宅は大人気

最初からペットと同居するために作られた物件は、ペット共生型住宅として設計段階から考慮されています。壁紙の貼り替えも、退去時に行なうのは高さ1メートル以下の部分限定など、見切り壁紙を作った仕様で建設されているわけです。ペットの足洗い場が用意されていたり、水飲み場の確保があったりと、至れり尽くせりです。退去時の原状回復費用を安く済ませることが出来るので、ペット共生型住宅は人気が高く、空室が出ると分かった段階ですぐに申し込みが入るケースも少なくありません。

オーナーの考え方を知ろう

ペット可の部屋とペット相談可では、オーナーの考え方が異なる場合が少なくありません。ペット飼育に対して、積極的に賛成しているオーナーばかりではなく、ペット相談可としているケースでは空室率を下げるためになし崩し的な運用を仕方なく行っているケースが存在します。オーナーの考え方がペット飼育に協力的では無い場合、入居者同士のトラブルとなった時に対応を拒否される危険があるので、オーナーの考え方を知っておくことは大切です。

北斗市の賃貸は、不動産会社などが提供するアプリに多数の物件が掲載されており、スマートフォンやタブレットなどを通して手軽に探せます。