賃貸物件は家賃だけが全てではない!?光熱費まで考えて選びましょう

オール電化の利便性は一度住むと止められない

賃貸物件を選ぶ際に、オール電化を選択可能になっています。火を使わずに生活が出来るので、火災リスクを回避出来るだけでなく、光熱費の安さに驚く人も少なくありません。オール電化の物件として最初から作られた建物は、高気密高断熱住宅として建設されているので、最初から冷暖房費を節約出来る設計がされています。電力自由化が行われても、新電力はオール電化用の料金を発表していないことに気が付いている人はまだ少ないです。なぜなら、オール電化用の料金体系は、深夜電力を活用した特別安い電気料金プランだからです。新電力が参入出来ない水準の電気料金が使えるので、オール電化の安さを体感出来るでしょう。

プロパンガスの部屋がいかに損か知ることが大切

アパートの中には、都市ガス物件よりもプロパンガス物件が多く存在している残念な事実があります。都市ガスは公共料金ですが、プロパンガスは自由料金となっているので、プロパンガス屋にとってお客は大家であって入居者ではありません。高額な料金を請求しても入居者は文句を言えない状況下では、法外な価格設定でプロパンガス供給がされ続けている現状です。中には適正料金で提供している良心的な業者もいますが、ごく僅かしか存在しません。アパートを建築する時に、ガス配管や給湯器代金を大家に負担させずに長期間契約をさせる方式で、大家にとってプロパンガス導入は設備投資を減らせるメリットがあります。しかし、プロパンガスの高さを体感すると、契約更新せずに出てしまうので、オール電化物件のように長期入居が多く空きが出にくい状況とはならないわけです。

千歳の賃貸の人気のある契約方法は、各地の有力な業者の公式サイトなどに掲載されることがあり、いくつかの物件の価格帯や契約期間などを早期に確認することが大事です。