以外に見落としがち?賃貸物件の基本的な探し方

失敗しない賃貸物件のポイント

新入学、就職などで、これから一人暮らしを始めようとしている方や現在住んでいる物件が気に入らなくて引っ越しを考えている方に、失敗しない賃貸物件のポイントを紹介しますのでぜひ参考にしてください。

賃貸物件情報の探し方

まず、賃貸物件を探そうと思った時に何も考えないで不動産屋にすぐ行かず、ある程度自分で調べてから行くほうが好ましいでしょう。最近では、賃貸情報誌も無料でコンビニエンスストアに置いてありますし、携帯やパソコンからも情報が得られます。この賃貸情報誌やWeb賃貸情報から家賃、間取りの基本情報を把握できます。

賃貸物件の建物による違い

建物の造りによって家賃や住む環境が大きく違いが出てきます。例えば、建物の種類は木造アパート、鉄筋鉄骨のマンションまたは一軒家タイプのものまであります。木造アパートなら騒音を特に気を付けなければいけませんが家賃は比較的安めのものが多いです。騒音は一番トラブルのもとでもありますので、注意が必要です。鉄筋鉄骨マンションは騒音には強いですが家賃が高めのものが多いので、何を基準に選ぶかによっても変わってきます。

賃貸物件の一般的な家賃

賃貸物件の一般的な家賃相場は、手取りの月収で25%~30%と言われています。家賃は無難な範囲にしておきましょう。

見落としがちな距離と建物

家賃に次に重要になってくるのが住む場所です。以外と家賃や建物ばかり気にしていて、見落としになりがちな駅から家までの距離です。計算する際には、駅から自宅までが何分かかるのかも考慮し、学校や会社など通勤や通学からどれくらいかかるのかをを計算しておきましょう。毎日のことになりますので、後々困らないように自分のライフスタイルに合わせて考えてみましょう。

札幌市中央区の賃貸では、マンションやアパート、一軒家など様々なスタイルがあります。そのため、一人暮らしでもファミリーでクラスにも丁度良い物件を見つけることができるでしょう。