ここが落とし穴!物件選びで失敗しないための3つのポイント

部屋の間取りよりも家賃を重視しよう!

物件選びをする際に重視してしまいがちなのが、間取りです。家族の人数や住みやすさを考えて選びますが、それよりも重視したいのが家賃です。家賃は毎月支払うため、給料から家賃に当てる事の出来る金額を出しておく方が優先した方がいいでしょう。万が一何も考えずに高めの家賃で選んでしまうと、給料が上がらない限り生活は苦しくなっていきます。後々後悔しないためにも、給料から出せる家賃を計算しておきましょう。

管理費や事務費も考えておこう!

毎月発生してくるのは家賃だけでなく管理費や事務費、そして光熱費です。賃貸物件を探す際に家賃だけを計算して余裕があったとしても、他の雑費が発生してくるため注意が必要です。物件探しをする時には、家賃に加えて雑費も計算しておくといいでしょう。ほとんどの物件は管理費や事務費などは、家賃の中に含まれていますが、含まれていない物件もありますので気を付けてみなければいけません。

路線をずらす事で良い事も

物件選びをするにあたって路線はとても重要になってきます。中には一つの路線にこだわる人もいます。しかしこだわりのある路線から一つ隣の路線にする事で、家賃がぐっと下がる事もあります。また目的の路線ではなかなか見つからなかった物件も、一つ路線をずらす事でお気に入りの物件がすぐに見つかる可能性もあります。こだわりを持つのは良い事ですが、こだわりすぎずに他の物件も見るように心掛けましょう。路線選びではよく行く駅や通勤や通学の利便性も考えておくといいでしょう。

バスセンター前の賃貸物件の特徴として、交通上の利便性が高いことなどから学生やサラリーマンに人気があります。