じっくり調べてから本格的に探したい!?1軒の不動産屋で決めてはならない

調査目的で使う不動産屋がある

新たに賃貸物件を探す時には、調査目的で駅前の不動産屋を利用すると良いでしょう。なぜなら、大手チェーン店では優良物件がすぐに紹介されることはほとんど無いからです。オーナーからの広告料が多い部屋から順番に案内されるので、内見を行なう前に地域の相場を知る目的で利用する程度に考えておく必要があります。長く住みたい賃貸物件を探すなら、一般媒介契約の部屋ばかり紹介する不動産屋は元付物件をほとんど持っていない可能性が高いわけです。

本気で探すなら地元の郊外店

地域相場をある程度把握出来たならば、郊外にある地元の不動産屋で本格的に探してみると良いでしょう。駅前のチェーン店とは異なり、専任媒介契約をオーナーと結んでいる部屋が多く案内され、一般媒介契約を結んでいたとしても物件の鍵を店内で預かっていることが少なくありません。鍵を預かっている一般媒介契約ならば、オーナーからの元付不動産屋として部屋の状況を詳しく知っているので、不明点をその場でオーナーに確認してもらえます。

オーナーが直接募集していたら話を聞いてみよう

不動産屋へ支払う成功報酬には、仲介手数料ではなくオーナーからは広告料名目で出されています。入居者が特約により仲介手数料全額を負担し、オーナーからは広告料を別途受け取ることで利益を二重取り出来るシステムが不動産業界にはあるので、オーナーが直接募集していれば初期費用が安く済みます。オーナーにとっても広告料を不動産屋へ支払う必要が無くなるので、入居希望者の要望に応えても十分に利益が出るわけです。内見案内もオーナー自ら行ってもらえるので、安心出来るでしょう。

苫小牧の賃貸では、ワンルームなどのコンパクトな物件が充実しており、徒歩圏内にコンビニも存在するため、一人暮らしに大変便利です。