ブロードバンドはケーブルテレビに注意!?実用的な回線を選ぼう

訪問販売員が苦手ならケーブルテレビは避けよう

オーナーへの営業が積極的に行われた結果として、一部の不人気物件ではケーブルテレビ回線が導入されており、インターネット検索で部屋探しを行なうとブロードバンド物件として売り込みが行われています。しかし、上り回線の遅さに定評があり、下り回線のみを強調した販売手法に気付いている人が増えたことから、既に不人気物件の特徴としてネット公開される流通物件として多く出回っています。最も低速な上り0.5Mbpsの速度のみ無料としている部屋もあるので、上位プラン契約は自腹となる点に注意が必要です。合わせて本来の有料テレビサービスの勧誘が設備点検を名目とした訪問販売により行われるので、訪問販売員が苦手な人は最初から避けておけば無難です。

LAN配線方式なら接続が簡単です

ブロードバンド物件として管理費に含まれている状態ならば、LAN配線方式が採用されている部屋を探すと便利です。各部屋ごとに設置されたLAN端子に無線機器を設置すれば、簡単にタブレット端末でインターネットが出来ます。何より、接続工事を行わずに設定不要でLANケーブルさえ繋げば使えるインターネット環境は、快適性と利便性を兼ね備えた方法として優れているでしょう。管理費が周辺の物件と比較して、極端に高くなければ選択肢として入ります。ブロードバンド回線へ個別契約で必要となる金額は、月5000円程度ですから、少なくとも2000円~3000円程度で収まると考えられるならば、お得に利用出来るわけです。

琴似の賃貸は、間取りや設備内容などが異なる物件が豊富に存在しており、ライフスタイルや予算をはじめとした幅広い条件で探せます。