家を建てるときに意識したい間取りの決め方とは

現在の家族構成に合わせる

注文住宅の大きなメリットは、住む家族構成に合わせられることですよね。限られた空間を最大限利用するためにも、現在住む人が暮らしやすい間取りを優先するようにしましょう。子どもがいる家庭では、子ども部屋をつくることも考えられます。子どもが小さいうちは、広々とした空間を用意するとよいですよね。子どもの成長とともに、独立した空間に変更する方法もあります。

二世帯住宅を建てるときは、親世帯と子世帯の関わり方がネックになります。たとえば、子世代の女性にとっては、実の親と同居するかどうかによっても心理的距離が変わってくるのではないでしょうか。いずれにしても、家族の誰かがストレスを感じないように、じっくり話し合うことが必要です。

将来の家族構成を意識する

注文住宅を建てるときは、将来の家族構成を意識した設計を心掛けましょう。人数の増減や、子どもの成長にともなって改修する方法もありますが、それらを見越した設計にしておくと便利ではないでしょうか。1つの部屋を分けるために間仕切りをする場合もでていますが、そのようなときに柔軟に対応できる設計だとありがたいですよね。

日本家屋の間取りに多い2間続きの和室は、襖や障子によって部屋の大きさを変えることができます。現在は洋室中心の間取りが増えていますが、パネルドアやカーテンなどを間仕切りに使うと便利ではないでしょうか。

間仕切りの必要性を感じたときには、壁をつくって部屋を分ける方法もあります。しかし、元に戻すためには手間暇やお金も掛かります。いろいろなシーンを想定した上で、簡単な間仕切りを用意したほうがよいかもしれませんね。

間取りをしっかり確認することをオススメします。事前に納得できれば、後悔する心配を未然に防ぐことができるからです。